いじめ問題 社会から個人へのいじめ

社会から個人へのいじめ

まじめに大人たちが子供たちのいじめ問題と向き合い続けていますが、 この本質がどういうことなのか全く分かっていないし、見えていないため、 時として大人たちは自分たちも平然として正義であると勘違いをして、 いじめを行う場合があります。

その典型的な例としては、一時的にノーベル賞受賞も間違いなしとも言われた 若い女性科学者の例があります。

マスメディアをはじめとして、各種評論家や研修者、学者などの人たちも 一時的にかなり持ち上げましたが、その研究の過程や方法論に不備があることが明るみに出ると、 今度は一転して強い批判まで繰り広げるジャーナリスト、学者などが続出しました。

マスメディア全体としても個人を相手に非常に強い個人批判、 あるいは個人批判的報道を行っていました。

この件については、それらの批判内容を聞くともっともらしく聞こえます。 その人の言うことには一定の筋道があり、論理的であると思われますし、その人もそう思っています。

そもそも、社会では論理的であるということは非常に尊重され、論理的な 思考力があるかないかというところが、自分自身の発言内容であったり、 自分自身の社会的価値に影響していると信じています。

そういう理由で相手に論理性がないと判断するとそれを批判することが 非常に価値のあることで社会正義につながると信じているのです。

実はこの社会も認めている「論理性重視」「議論重視」については、 ほとんどの場合、いじめにつながる要素を持っているのです。

それはなぜでしょうか。

そもそも社会的な洗脳が行われているこの「論理性重視」「議論重視」 についてですが、なぜいじめにつながる要素が含まれるかといえば、 その主体となる個人、多くの場合、大人たちがそもそも論理的になど生きれていないためです。 自分自身では何か考え方、フレームワークを持って社会に挑んだと信じているのですが、 その見識たるや社会的洗脳の領域を出ない。

つまるところコントロールするごく一部の人々による操り人形のような頭脳で物事を見て、考えているためです。

その考える内容と心にある感情については全く筋道を付ける暇も無く、 ただただ無理やりに自分の頭脳に当てはめたフレームワーク思考を信じて、生きているのです。

その狭い考え方から外れるような人があったり、とても許しがたいほどの 自由を手に入れている人であったり、狭い思考の枠が壊されるような考え方を 持っている人が生じると強く拒否反応を起こすのです。

その上、非常に狭い考え方で無理やりなフレームワーク思考を適用して 世の中を見ているために日常的に潜在的な不満が強いのです。 こういった人たちが集団となり、拒否反応や不満が爆発した場合に、いじめになっていくのです。

つまりこれは人間とはそもそもどういった存在なのかというところが、 本質的にわかっていない人たちが集まった通常の社会で発生することです。

出る杭は打たれるということがよく言われますが、これは以上のような理由から 当然のことながら発生しているのです。

ただ、いじめている側の本人たちは、単なるいじめであるということすら、気付くことはありません。 論理的であり社会的にステータスが高いことをしているというプライドを持っているためです。

こういう大人たちにいじめの議論をさせても目新しいことは何一つないのはこのためです。 いじめということの本質が分かっていないし、全く見えていないのです。

ズバット通信制高校
いじめ対策