いじめ問題 新たなる学校への道

新しい道 学校へ・職場へ

学校へ行こう。学校には人がいる。
働きに行こう。職場には人がいる。

学校にいる人たちはみんな完全な人間ではありません。 もちろん、完全な人間なんて世の中にまだ存在しません。 職場にいる人たちだってみんな同じ。

どこでもいいから学びに行こう。人生をゆたかにする知識を身に付けよう。 働く中で学んだり、働きながら学ぶのも良いでしょう。

学校に行って、あるいは働きに行って、本当のことに目を向ける勇気を養いましょう。

もし、またいじめにあったら、またその時に考えればよい。 大切なことは一歩踏み出すこと。学びたいという気持ちを持って一歩踏み出すことです。 いつだってこれが出来れば、次の展開がある。同じ展開になっても、 続けていれば全く違う物の見方や考え方が必ず見つかる。

必要もないのに学校に行くことはありません。 人生の学びの場は、日常の場にあります。 働く中で学ぶことだって出来るのです。

それでも必要があると思うのであれば、学校に行きましょう。 そこでは実際の学びの他にも、色々なことが学べるはずです。 それは、自分次第のところも大きい。 学校に行きたいと思ったなら、自分にぴったりと合った学校を探してみましょう。

きっと新しい世界が広がるはずです。

まず、はじめに色々な情報を手に入れること。 これが本当の第一歩かもしれない。

まずは、これを自分でやってみよう。それから周りの人に相談しよう。

きっと、進路についての見方や考え方も広がるはず。

その上で本当に学校行きたいなら、必ず行けるはず。その方法すらも自分で見つけることができるはず。

自分で踏み出した小さな一歩は、実は大きな一歩だったと思う日がきっと来ることでしょう。

いじめ問題 写真
ズバット通信制高校